本を読むこと-読書から何かを学ぶためのブログ-

書評依頼お待ちしておりますm(_ _)m ※ネタバレありのブログです。

AX(伊坂幸太郎)を読んだ感想・書評

なぜ、あなたがリーダーなのか——本物は「自分らしさ」を武器にする

ホワイトラビット(伊坂幸太郎)を読んだ感想・書評

ガール(奥田英朗)を読んだ感想・書評

 僕は奥田英朗の短編集が好きで定期的に読み返している。何度読んでも好感を覚えるのは、文章の持つリズムの良さだ。普通だったら辟易とするような妬み嫉みが行き交う心理描写も、そこまでクドいと思わない。むしろ次のシーンや会話を早く読みたいと思わせるための餌になっている。そんな餌や徹底的に削られた文量も相まって非常に読みやすい構成になっているのだ。

 本書は働く女性が主人公になっている。今から十年も前に執筆されている小説なのに、読んでいて全く違和感がなかった。僕の勤め先が典型的な大家族的な日本企業なので、そう思うのかもしれない。しかし、多くの男性は身近にこのような女性の影をがちらついているのではないだろうか。

 では、「このような女性」とは何か。奥田英朗の短篇集に登場する人物に共通している点があると思う。それは気の強さだ。誰も何らかの危機が差し迫ってきたとして、進むことを諦めない。奥田英朗の強気な姿勢がキャラに反映されているのかもしれないが、今の小説には意外とこのようなキャラが少なくて僕は読んでいて嬉しくなる。結末がどのように転ぶにせよ、このグイグイいく感じが読み手に爽快感を与えてくれるのだ。

 強気な女性が物申す姿は見ていてスッキリする。ねちねち相手に愚痴る人間が苦手というのもあるが、男性に比べると女性が相手を一刀両断する姿には嫌味がない。この女性特有の強みを活かして仕事している方もいらっしゃるのではないだろうか? もちろんこの女性の特権を使うことに躊躇いがちな方もいるはずで、本書でもその女性の葛藤が見事に描かれていた。今は社内にも様々な女性支援の制度があるだろう。一方で勝手のきかなくなった男性の不自由や、まだまだ焦点の当てられていない女性もいる。日本の企業政策はあっちむいてほいで動き出すものの、とりあえずやってる感じを出したり、実際の社員の声があまり聞き入れられていなかったりする。これからは政府が動き出す前に、職場単位や各企業単位で自分たちの社風にあった施策を考えていかないとなーなんてことを思いました。

 

○読後のおすすめ

 

bookyomukoto.hatenablog.com

 

 

bookyomukoto.hatenablog.com

 

Aではない君と(薬丸岳)を読んだ感想・書評

※ネタバレ注意

 読んでいて息が詰まる場面が何度もあった。少年がその場で感じている苦しみや底しれぬ怒りの感情が私に憑依しているかのようで、自分でもコントロールできなった。あの感覚は本書を読むことでしか体験できないものだったと思う。
 薬丸岳の小説を読むのは初めてだった。彼の情報を集めているときに知ったのだが、彼は少年犯罪に関する小説を書き続けているらしい。ひとつのテーマに拘って書き続ける小説家は何人もいる。が、少年犯罪という個人によって考え方が異なるテーマを、事件単位で事件性や動機の意味合いも全く異なる領域を頑なに攻め続けるのは気が滅入る作業だろうと推察する。きっとそれでもなお訴えかけたい思いがあるのだろう。
 少年たちは学校や彼らのもつコミュニティでしか発揮されない特別な秩序の中で生きている。秩序は決してひとつにまとめられず、いくつもの小さな秩序をそれぞれ無意識に反映させている。彼らのそのような秩序は、普遍的な秩序とは全く別物で、社会的な物差しで彼らを推し量ろうとしても理解が及ばないだろう。だから少年犯罪やいじめに対して言及する人は、聞こえの良い、だけど的外れな相対的意見に終始してしまうのだと思う。本当にいじめや少年の生態について理解したいのであれば、とにかく事例を知り、彼らを深く知ることが必要である。ほとんどの人は横展開も縦への追求も及ばない。
 こんなにエラそうなことを述べているが、私もこれらに対する認識は甘いと思う。強いていうならば、若さと何事も客観的に見ようとするスタンスだけが理解への後押しになっている。しかし、それでも浅い理解に終始している感覚は拭い去れない。だから私は小説を読むし、そこに生きた世界があると喜びを覚えるのだ。
 本書は連載されていたものに、第三章を追記して出版されている。この第三章が特に素晴らしい。誰一人答えを出せていないのに、それぞれが必死にもがきながら手探りで行動している。一人の人間の葛藤が、身近な別の人間の葛藤を呼び、その葛藤が読者に自分の考えを持たせる猶予を与える。本書を読み終える頃には、登場人物と同様に思考する自分が存在しているはずだ。少なくとも私はそのような思考をし続けている。そして思ったことがある。
 とある有名人にいじめられていた過去があるとネットの記事で読んだ。いくつか関連記事を漁っていると、その有名人のいじめの原因がいくつも推測されていることがわかった。一方的な勘違いでいじめられていたというものや、仕返しでいじめの対象になったというものだ。前者の記事を見た人はその有名人に対して同情的で、後者の記事を見た人は冷めた視線を投げている、もしくはそれでもその人を応援しているという後ろめたさを感じさせる意見を述べていた。どっちが事実かなんてわからない。ただ、有名人に対する群衆の期待を私は恐ろしく思った。有名人は、圧倒的な強さだけでなく、背後に弱い過去を持つことが求められているのだと推察できたからだ。自分たちの弱さを打ち消すように脚光を浴びる存在。自己投影の対象としての存在——。現代的な考え方が如実に出ているのではないかと痛切させられた。
 本書の中核にあるいじめ一つだけを切り取ってもいくつもの課題が存在しているのだ。その中で起きた事件に対してどのような意見を持つかは人によって大きく異なるのも頷ける。だからこそ、自分の周りで起こったできごとには、自分の意見をしっかりと主張できるようにしたい。

 

○読後のおすすめ

イッツ・オンリー・ロックンロール(東山彰良)を読んだ感想・書評

さすらい(東山彰良)を読んだ感想・書評