読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読むこと-読書から何かを学ぶためのブログ-

書評依頼お待ちしておりますm(_ _)m ※ネタバレありのブログです。

ドミノ(恩田陸)を読了したので感想や書評[レビュー]

  恩田陸の『ドミノ』を読み終えたので、感想を投稿したいと思います。

ドミノ 角川文庫

ドミノ 角川文庫

 

 

 

・あらすじ

 一億円の契約書を待つ、締切直前のオフィス。オーディション中、下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真夏の東京駅、二七人と一匹の登場人物はそれぞれに、何かが起こる瞬間を待っていた。迫りくるタイムリミット。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく!抱腹絶倒、スピード感溢れるパニックコメディの大傑作。

 

 恩田陸の小説は『夜のピクニック』以来、二作目でしたが、とても読みやすくて面白かったです。

 文体もすいすい読みやすいですし、話の展開も流れるように進むので、あっという間にラストシーンを迎えていました。ただ、登場人物が非常に多いので、時間をかけて読むことを考えている人にはオススメできません。たぶん、誰が何をしているのかが分からなくなってしまうからです(笑)

 

「何か手軽に読める小説ってないかな」というようなことを考えている方にオススメです。