本を読むこと-読書から何かを学ぶためのブログ-

書評依頼お待ちしておりますm(_ _)m ※ネタバレありのブログです。

リバース(湊かなえ)を読んだ感想・書評

リバース (講談社文庫) posted with ヨメレバ 湊 かなえ 講談社 2017-03-15 Amazon Kindle 楽天ブックス ネガティブな思考が物語を支配している。本書を読んでいると、そんな感想が頭を過った。主人公の男は友達が少ない、そのうえ弱気で世界を客観的に見て…

乱反射(貫井徳郎)を読んだ感想・書評

乱反射 (朝日文庫) posted with ヨメレバ 貫井徳郎 朝日新聞出版 2011-11-04 Amazon Kindle 楽天ブックス 乃木坂46の齋藤飛鳥がおすすめする小説という一点の理由で購入しました。今まで貫井作品を読んだことはなかったのですが、イメージとしては暗い作品が…

容疑者Xの献身(東野圭吾)を読んだ感想・書評

容疑者Xの献身 (文春文庫) posted with ヨメレバ 東野 圭吾 文藝春秋 2008-08-05 Amazon Kindle 楽天ブックス ガリレオとして有名な科学者の湯川学シリーズであり、映画化された一冊。僕も映画化された作品をテレビで見た記憶がある。堤真一演じる石神と福山…

怒り(吉田修一)を読んだ感想・書評

怒り(上) (中公文庫) posted with ヨメレバ 吉田 修一 中央公論新社 2016-01-21 Amazon Kindle 楽天ブックス 映画を鑑賞してから約半年が経ったころ、僕は原作である小説版の「怒り」を読むことにした。小説好きである職場の先輩に「小説の方が背景を深く知…

スタンフォード式 最高の睡眠(西野精治)を読んだ感想・書評

スタンフォード式 最高の睡眠 posted with ヨメレバ 西野精治 サンマーク出版 2017-02-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 私は、睡眠時間によって一日の働きの質が大きく変わると自負している。これは、学生時代からずっと変わらなくて、睡眠時間を削って遊んだ…

真相(横山秀夫)を読んだ感想・書評

真相 (双葉文庫) posted with ヨメレバ 横山 秀夫 双葉社 2006-10-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 読んでいてもどかしさを覚える小説だった。横山秀夫が書く小説というのは得てしてそういうものが多い。しかし、ここに描かれている人間はもっとずっともどか…

パレード(吉田修一)を読んだ感想・書評

パレード posted with ヨメレバ 吉田 修一 幻冬舎 2002-01 Amazon Kindle 今回の書評には多分にネタバレが伴うので、内容が気になる方は読むことをお勧めしない。 吉田修一の一冊といえば、今は話題作の「怒り」が代表的に取り上げられるかもしれない。しか…

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術(Shin)を読んだ感想・書評

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術 posted with ヨメレバ Shin ダイヤモンド社 2017-07-06 Amazon Kindle 楽天ブックス はてなブログで有名なShinさん初の著書。時折ブログを拝見していることもあって読んでみました。Shinさん…

邂逅の森(熊谷達也)を読んだ感想・書評

邂逅の森 posted with ヨメレバ 熊谷 達也 文藝春秋 2004-01-28 Amazon Kindle 直木賞と山本周五郎賞をダブル受賞した本作は、そのような獲得賞名を羅列せずとも、読めば優れた小説であることは一目瞭然である。ほとんどの人は、本書の主人公である富治が従…

調べる技術・書く技術(野村進)を読んだ感想・書評

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940) posted with ヨメレバ 野村 進 講談社 2008-04-18 Amazon Kindle 楽天ブックス 何かを書くということにおいて、冒頭部分を記述することは、最も神経を使うことになる。インターネットの発展によって誰もが表現者…

史上最強の哲学入門(飲茶)を読んだ感想・書評

史上最強の哲学入門 (河出文庫) posted with ヨメレバ 飲茶 河出書房新社 2015-11-05 Amazon Kindle 楽天ブックス ピーターティールという男性がいる。彼は、ペイパルの創業者で、現在はトランプの政権チームにも名を連ねている切れ者だ。そんな彼に対して、…

グレート・ギャツビー(スコット・フィッツジェラルド)を読んだ感想・書評

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー) posted with ヨメレバ スコット フィッツジェラルド 中央公論新社 2006-11-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 村上春樹の小説やエッセイを読んでいると、否が応でも記憶の片隅に、この小説のタイトル…

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法を読んだ感想・書評

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法 posted with ヨメレバ ピョートル・フェリークス・グジバチ SBクリエイティブ 2017-01-28 Amazon Kindle 本屋で平積みされていたり、Amazonで高評価されて…

イーロン・マスク 未来を創る男(アシュリー・バンス)を読んだ感想・書評

イーロン・マスク 未来を創る男 posted with ヨメレバ アシュリー・バンス 講談社 2015-09-16 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 「僕のこと、まともな人間には見えないだろ?」 冒頭の印象的なワンフレーズが、ずっと頭から離れなかった。私は、ネットニ…

コインロッカー・ベイビーズ(村上龍)を読んだ感想・書評

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫) posted with ヨメレバ 村上 龍 講談社 2009-07-15 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo とても重たい小説で読み切るのにとても時間がかかってしまった。非常に文量のある小説であることは、本を手に取った…

スペードの3(朝井リョウ)を読んだ感想・書評

スペードの3 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 朝井 リョウ 講談社 2017-04-14 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 朝井リョウの小説には、人の気持が動く瞬間が鮮明に表現されているような気がする。誰もが抱えている社会で生きていくためのよすがや、…

新時代ミュージックビジネス最終広義 新しい地図を手に、音楽とテクノロジーの蜜月の時代を生きる(山口哲一)を読んだ感想・書評

新時代ミュージックビジネス最終講義 新しい地図を手に、音楽とテクノロジーの蜜月時代を生きる! posted with ヨメレバ 山口 哲一 リットーミュージック 2015-09-24 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 私は、全く音楽業界と関わりがないというわけではな…

A(中村文則)を読んだ感想・書評

A (河出文庫) posted with ヨメレバ 中村 文則 河出書房新社 2017-05-08 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo とても不思議な短編集だと思った。書いてあることは要素単位で見れば納得できることや私の思考を新しい場所へ誘うものがあるのだが、それぞれの…

静かな炎天(若竹七海)を読んだ感想・書評

静かな炎天 (文春文庫) posted with ヨメレバ 若竹 七海 文藝春秋 2016-08-04 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 本書は「このミス」で第二位にランクインした一冊で、かくいう私も取り上げられている記事を読んでいるうちに興味がわいて読むことを決めた…

最後の医者は桜を見上げて君を想う(二宮敦人)を読んだ感想・書評

最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫) posted with ヨメレバ 二宮敦人 TOブックス 2016-11-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 一時期、エンドコーナーに平積みになっている本書を様々な書店で見かけた。現代的で惹かれやすいタイトルと桜が描か…

いつか、すべての子供たちに(ウェンディ・コップ)を読んだ感想・書評

いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだこと posted with ヨメレバ ウェンディ コップ,Wendy Kopp 英治出版 2009-04-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 大学生の終盤、私が就活をしていて出会った尊敬すべきビ…

直撃 本田圭佑(木崎伸也)を読んだ感想・書評

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number) posted with ヨメレバ 木崎伸也 文藝春秋 2016-11-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 本書は、著者がスポーツライターとして2010年から約6年間に渡って本田圭佑に直撃取材を続けた証跡を一冊の本として形にした…

異業種に学ぶビジネスモデル(山田英夫)を読んだ感想・書評

異業種に学ぶビジネスモデル (日経ビジネス人文庫) posted with ヨメレバ 山田 英夫 日本経済新聞出版社 2014-11-05 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 様々な業界のビジネスモデルについて知りたいと思うことがあった。キッカケは、メルカリについてのニ…

たそがれ清兵衛(藤沢周平)を読んだ感想・書評

たそがれ清兵衛 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 周平 新潮社 2006-07-15 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 村上春樹が文章の上手い小説家として絶讃していたのが、藤沢周平である。僕は村上春樹のエッセイでその一文を読んで本書を手に取った。当…

星やどりの声(朝井リョウ)を読んだ感想・書評

星やどりの声 (角川文庫) posted with ヨメレバ 朝井 リョウ KADOKAWA/角川書店 2014-06-20 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 朝井リョウの作品には、何かが欠けていることが多い。 これは技量不足であることを伝えたいわけではない。物語の中に核として…

「あったらいいな」を実現するビジネスのつくり方-ひとりではつくれない価値をみんなでつくる-(山中哲男)を読んだ感想・書評

「あったらいいな」を実現するビジネスのつくり方 -ひとりではつくれない価値をみんなでつくる- posted with ヨメレバ 山中哲男 パブラボ 2014-05-06 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 以前にどなたかのブログを拝見していると、本書に関する書評が記載…

潮騒(三島由紀夫)を読んだ感想・書評

潮騒 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 三島 由紀夫 新潮社 2005-10 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 一週間ほど前、ふと僕は風景描写が上手い小説家の本を読みたいと思った。一年ぐらい前の僕は、心理描写に特徴のある文章が好きで、そのような特徴を…

グーグルに学ぶディープラーニングを読んだ感想・書評

グーグルに学ぶディープラーニング posted with ヨメレバ 日経ビッグデータ 日経BP社 2017-01-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 近年、ビジネスに大きな変化をもたらすであろうと目される技術として「人工知能」が挙げられる。具体的な実装技術を記し…

FinTech(柏木亮二)を読んだ感想・書評

フィンテック (日経文庫) posted with ヨメレバ 柏木 亮二 日本経済新聞出版社 2016-08-06 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo ここ一年余りの間で流行しているビジネスワードの一つが「フィンテック」だろう。経済について扱っているニュースサイトで、こ…

風の歌を聴け(村上春樹)を読んだ感想・書評

風の歌を聴け (講談社文庫) posted with ヨメレバ 村上 春樹 講談社 2004-09-15 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 本書を読むのは大学生以来、数年ぶりだ。初めて本書を読んだときの衝撃を僕は子細に思い出すことができる。まず村上春樹がデビュー当時か…

起業を考えたら必ず読む本(井上 達也)を読んだ感想・書評

起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book) posted with ヨメレバ 井上 達也 明日香出版社 2016-09-14 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo なんだか成功している事例ばかりだな。起業家の出版している本を読んでいた僕はそう思った。出版…

海辺のカフカ(村上春樹)を読んだ感想・書評

海辺のカフカ (上) (新潮文庫) posted with ヨメレバ 村上 春樹 新潮社 2005-03-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 以前に海辺のカフカを読んだとき、僕は大学一年生だった。当時の僕は音楽にドハマリしていて、以前は熱心に読んでいた「本」というも…

ロジカル・プレゼンテーション(高田貴久)を読んだ感想・書評

ロジカル・プレゼンテーション――自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」 posted with ヨメレバ 高田 貴久 英治出版 2004-02-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 僕は提案には二つの要素が関係していると思っている。それは式に…

仮説思考(内田和成)を読んだ感想・書評

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 posted with ヨメレバ 内田 和成 東洋経済新報社 2006-03-31 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 最近思考に関する本をまとめて読んでいる。仕事をするにしたって、ブログでおもしろい記事を書くにしたって、そこに…

0ベース思考を読んだ感想・書評

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる posted with ヨメレバ スティーヴン・レヴィット,スティーヴン・ダブナー ダイヤモンド社 2015-02-14 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 本書を読む人は、目的として「既成概念を取っ払ったアイデアの創…

入社1年目の教科書(岩瀬大輔)を読んだ感想・書評

入社1年目の教科書 posted with ヨメレバ 岩瀬 大輔 ダイヤモンド社 2011-05-20 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 僕はあまりこういう本が好きではない。というか良いという評判があっても買うのを躊躇ってしまう。なんだか一般的な当たり前のこととか、…

ノルウェイの森(村上春樹)を読んだ感想・書評

ノルウェイの森 上 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 村上 春樹 講談社 2004-09-15 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 「ノルウェイの森」を読むのは高校生以来になる。改めて読んでみると、この小説がどれだけ心に刺さる世界観を持っていているかが身…

思考の整理学(外山滋比古)を読んだ感想・書評

思考の整理学 (ちくま文庫) posted with ヨメレバ 外山 滋比古 筑摩書房 1986-04-24 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 1986年の出版以降、度重なる重版が行われている本書は、思考術に関する古典的な一冊となっているだろう。それ故に、本書で語られてい…

罪の声(塩田武士)を読んだ感想・書評

罪の声 posted with ヨメレバ 塩田 武士 講談社 2016-08-03 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 本書は「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を受賞した作品である。その賞の名の通り。本書は戦後日本を代表する未解決事件「グリコ・森永事件」を参考…

日本語の作文技術(本多勝一)を読んだ感想・書評

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫) posted with ヨメレバ 本多勝一 朝日新聞出版 2015-12-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo ブログを続けているうちに「思いついたことをもっと上手く人に伝えることができるようになりたい」と思うようになった。…

クライマーズ・ハイ(横山秀夫)を読んだ感想・書評

クライマーズ・ハイ (文春文庫) posted with ヨメレバ 横山 秀夫 文藝春秋 2006-06-10 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 以前に「第三の時効 」という横山秀夫の小説を読んだ。その際に僕はこう言及している。 横山秀夫の小説を読むといつも実感させられ…

論点思考(内田和成)を読んだ感想・書評

論点思考 posted with ヨメレバ 内田 和成 東洋経済新報社 2010-01-29 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 以前に「ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果」という本を読んだ。その中で僕は一つのことに集中することの大切さや、そのために排除しなけ…

蜜蜂と遠雷(恩田陸)を読んだ感想・書評

蜜蜂と遠雷 posted with ヨメレバ 恩田 陸 幻冬舎 2016-09-23 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 恩田陸の直木賞受賞作である「蜜蜂と遠雷」は、とある国際ピアノコンクールに焦点を当てた一冊である。 ピアノコンクールに関して僕は多くを知らない。四月…

ワン・シング~一点集中がもたらす驚きの効果~を読んだ感想・書評

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 posted with ヨメレバ ゲアリー・ケラー,Gary Keller,ジェイ・パパザン,Jay Papasan SBクリエイティブ 2014-01-22 Amazon Kindle 楽天ブックス 以前にエッセンシャル思考という本を読んだ。そのときの僕は、色ん…

魔王(伊坂幸太郎)を読んだ感想・書評

本書に関する書評依頼を読者の方より受けたので、本記事を執筆する。様々な 本に関する知見を深めたいと考えているので、ぜひコメントいただきたい。 実は、僕は「魔王」の姉妹作(というよりも、ほぼほぼ続編)の「モダンタイムス」という作品を読んだこと…

7日間企業(ダン・ノリス、平野敦士カール)を読んだ感想・書評

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法 作者: ダン・ノリス,平野敦士カール 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/11/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る アメリカのアマゾンでランキング10部門中3部門で1位を取った一冊…

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/11/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 伊坂幸太郎の短篇集。一冊にまとめるために書かれた作品ではないために実に多様な色合いを見せる一冊に…

本日は、お日柄もよく(原田マハ)を読んだ感想・書評

本日は、お日柄もよく (徳間文庫) 作者: 原田マハ 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2013/06/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (13件) を見る 電車内で頻繁に見かける広告があった。それは他の広告とは何かが違っていて、身動きがとれなくなるまで…

陰の季節(横山秀夫)を読んだ感想・書評

陰の季節 (文春文庫) 作者: 横山秀夫 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2001/10 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 133回 この商品を含むブログ (125件) を見る 横山秀夫のデビュー作である「陰の季節」を読み終えた。横山秀夫といば、警務部にスポット…

獏の檻(道尾秀介)を読んだ感想・書評

貘の檻 (新潮文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/12/23メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 向日葵の咲かない夏を引き合いに出した帯がとても目立っていたので購入した。向日葵の咲かない夏は、僕が一番好きな道尾秀介の作品で、…